出入りは入ったものが出てるのか問題

anond.hatelabo.jp

b.hatena.ne.jp

先日こんなブクマがあったが、ほぼすべてのコメントが大筋では増田に賛成していて驚いた。そもそも出入りとは何であるのかを気にしてる人はほとんどいない……。

"出るって古語の"い・づ 【出づ】"、つまり姿を現すって意味じゃないの?"と私は書いた。

だが、正確には"出る"は"姿を現す"のが元々の意味であり、限定された場所に出入りするのは後付けの意味ではないだろうか。さらに言うならば、姿を現していないものは存在していないので出ることを禁じればすべてを禁じることができるのではないだろうか。

その論拠としてまず

場所を指定せずに"出る"とき、それは姿を現す

ことを挙げたい。

料理を出すというのは食卓に載せるという意味であり、鍋から取り出すだけではない。

顔を出せは会いに来いという意味であり、顔を入れることはない。

表に出て来いと言えば姿を見せろという意味であり、裏に入っていけはなんか怪しい。

現代でも出すは存在させる事なのだ。

丁度いいコメントがあったので引用したい。悪意があるわけではなく、「そもそも出入りとは何であるか?」を考えたコメントがこれしかないためだ。

「出禁」

でもそもそもの順番的には「入る→出る」の筈なので最初から字面では顛倒してる疑惑。関係ないかもだが、出勤・出社・出頭とかは全部「出」でその場に入ることを表現しているわけで、その影響だろうか?(適当

2017/03/21 13:59

b.hatena.ne.jp

出勤・出社・出頭は全て共有している場に姿を現す。

伝統的に

場所を示さずに使う場合の出る・入るは認識域に出る・外れるという意味である

例えば、日の出日の入りはどこに出入りしているのだろうか?軽く調べたが日の入りで入った太陽がどこへ入っているのかはさっぱりわからなかった。

視界内に太陽が入っているのだろうか?そう考えた場合、夜明けは日の入りと呼ぶべきであることになってしまう。これでは逆だ!

つまり出入りというのはそもそも公の場に現れたりそこから移動したりすることだ。

出没も同様に出現して、没する(消える)。

ただし、"入る"は"出る"の対義語ではない

日本語に限った話かは知らないが古語では明確に強い言葉が存在しており、その対義語が一意に定まらない。具体的には、"ある(存在)"に関わる言葉は強い。

例えば、"あか"は赤だけでなく"明るい"でもあるというのは最近はよく知られているのではないだろうか?明るいものはだいたい赤い―炎は赤いし、夜明けも赤い。

だが、"赤い"の反対は"青い"であるが、"明るい"の反対は"暗い(黒)"である。

"あか"が先にあり、そうでないことを表す言葉が後でできたと考えれば辻褄は合う。"赤く明るいもの"はそうでないものよりも重要なので先に生まれておかしくない。"赤く明るいもの"でないものは赤くないものかもしれないし明るくないものかもしれないが、それを何と呼ぶかは後で適切な言葉を与えればよく、実際にそうしたのだろう。

出る(出づる)も同様だ。出る=姿を現す、つまり存在することはそれが特定の場所に入るよりはるかに重要だ。出るは場所を指定せずに使えるが、逆に場所を指定せずに"入った"場合、その入ったものはどこに入ったか文脈に寄らねばわからない。入るは出るの逆より弱いのだ。

出勤・出社・出頭の逆は退勤・退社であり入るではない。出頭に至っては逆の言葉が見つからない始末だ。

さらに言うと

"順番的には「入る→出る」"は思い込みで「出る→入る」の順が正しい

出ている=存在しているものを何かに入れることはできるが、入っている=認識内に存在していないものを出すことができるか?出た太陽は入るときまで太陽だろう。だが次も太陽は出てくるだろうか?それは誰にもわからない。二度と出てこないかもしれないし、中身は出せるかもしれないが入れたものがそのまま出てくるとは限らない。

生きた猫を箱に入れてから出しても、生きた猫が出てくるとは限らないのだ。

 

結論として

出入りの"出"が禁止されるのは優先順位的に正しい

仮に入ることだけを禁じた場合は、境界の外に現れるのは可能となってしまう。これは鬱陶しいことこの上ないだろう。

存在そのものを禁ずれば入ることも禁ずることができる。

その意図を込めて略したとは限らないが。